子供のスポーツについて

高い?安い?子供のスイミングの費用はどのくらいかかるものなの?

投稿日:

※この記事は6分ほどで読み終えることができます。

スイミングスクールの費用は高い?

スイミング 費用

子供の習い事の人気ランキングの上位に常にランクインしているスイミング
赤ちゃんの頃から始められるので、初めての習い事としても人気があります。

習い事を始めるときに気になるのは、子供が続けられるかということ。そして、かかる費用ではないでしょうか。

うちには4人子供がいますが、全員スイミングに通いました。
もちろん、4人を同時に通わせることは経済的に難しかったので、2人ずつに分けました(汗)
それでも、結構費用がかかったな~という印象です。
では、実際に何にどれだけかかるのかを見てみましょう。

スイミングの通常スクールにかかる費用

スイミング 費用

スイミングスクールを選ぶとき、一番基準となるのが月会費です。
スクールによってばらつきがありますが、
週1回 4,500~7,000円
週2回 6,000~9,000円

施設が新しいかどうか、場所が都会にあるかによって料金に違いがあります。
月会費については各スクールのホームページなどに記載があるので、自分の家の近くのスクールについて調べてみましょう。

他にも、
・入会金 3,000~6,000円
・水着 男の子 2,500~3,000円
    女の子 4,000~4,500円
・キャップ 500~700円

などがかかります。スクールによっては指定バッグの購入も必要になります。

入会金や水着などはスクール生の紹介や短期教室との同時申し込みでプレゼントされるスクールも多いので、入会を考えているのなら問い合わせてみましょう。

もちろん、月々の費用が支払える範囲であるということが大事ですが、何年習わせるのかによってもかかった総費用が変わってくるので考えておく必要があります。

例えば、うちの長女は運動が得意だったので、スイミングスクールの全過程を2年半で終えました。

月会費6,000円として、
6,000×30(ヶ月)=180,000円

逆に運動が苦手な長男はスイミングスクールの全過程を終えるのに、6年かかりました。

6,000×72(ヶ月)=432,000円
実に25万円も差が出てしまいました。(汗)

子供の能力にもよりますので、これくらいの費用がかかるのだということも知っておいてください。

スイミングの短期教室にかかる費用

スイミング 費用
スイミングスクールには通常レッスンの他にも、夏休み、冬休み、春休みなどの長期休みには短期教室が開催されています。通常、3~6日間毎日レッスンを受けます。
参加は自由ですが、最後に進級テストがあるため、早く進級したい場合は短期教室を利用します。

費用は4,000~8,000円
レッスンの日数によって変わってきます。

スクールによっては、長期休みは通常レッスンが休みになり、短期教室を別途申し込まないといけないところもありますので、最初に確認しておきましょう。

早く進級させたいという気持ちと、長期休みにしっかり運動してほしいという気持ちもあってか、短期教室はすぐに定員が埋まってしまうほど人気があります。
出来るだけ早く全過程を終えたいと思っているのなら、短期教室の費用も頭に入れておいてください。

スイミングの選手コースに進むとかかる費用

スイミング 費用

各スクールには通常コースとは別に、育成コース、選手コースという水泳選手を育成するためのコースが用意されています。

これらのコースは希望者がすすめるわけではなく、コーチの推薦が必要であることがほとんどです。
コーチから「選手コースに進んでみませんか?」と声がかかったら、子供も親もうれしいですよね。
同時に費用はどのくらいかかるのだろう?練習はきびしくないのかな?と心配にもなります。

選手コースでかかる費用としては、

月会費 7,000~15,000円(週5~7日)
水着(練習用2~3枚必要) 男の子 4,000~6,000円
              女の子 5,000~10,000円
水着(大会用2枚) 男の子 7,000~10,000円
          女の子 8,000~1,8000円
指定ジャージ 12,000円前後
指定バッグ 8,000円前後

大会参加費(1種目につき) 1,000円程度
※通常2~3種目に出場

合宿(年に2~3回) 20,000~50,000円

他にも、大会会場までの交通費や合同練習の会場費などもかかってきます。
費用以外にも、ほぼ毎日ある練習の送迎や大会の応援など、親の負担が増えることも覚悟が必要です。

かかる費用もかなり高額になってきますし、練習も通常レッスンとは比べ物にならないくらいハードです。誘われたからと安易に決めず、コーチにきちんと話を聞き、子供にもしっかりとした意思をもって通うことを約束させましょう。

スイミングスクールにかかる費用についてのまとめ

  • 月単位でかかる費用とスクールを終えるまでの全過程でかかる費用を確認しよう
  • 短期教室にかかる費用も考えておこう
  • 選手コースはかかる費用も桁違い。子供も親も覚悟が必要

スイミングスクールに通う理由は人それぞれです。
溺れない程度に泳げるようになりたいのか、4泳法を全てマスターしたいのか、水泳選手として活躍したいのか。
目標を持って取り組んで、納得のいく費用のスイミングスクールを見つけましょう。



次ページ 究極の子育て 子供が不幸にならない親子関係



何時もブログを見てくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてくれると嬉しいです^^

子育て ママ友
にほんブログ村





-子供のスポーツについて
-水泳, スイミング

Copyright© たかこのママ友の人間関係や子育てお悩み相談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.