ママ友

ママ友との愚痴はヒートアップしちゃうけど....

更新日:

いつも愚痴ばかりのママ友にうんざり!

ママ友 愚痴

いくら友達でも会うたびに愚痴を聞かされるのは堪ったもんじゃないですよね。
「全く愚痴を言うな!」
とまでは言いませんが、最初から最後まで愚痴で終わると、言ってる本人はスッキリしても聞かされた方はゲンナリ。
世の中のママ友の口から出る愚痴はどんなものが多いのでしょうが?
愚痴を聞かされた時の上手な言葉の返し方にはどんな方法があるのでしょうか?
今回は二つのママ友の愚痴を紹介します。

ママ友の愚痴その一 私の知らない人の愚痴ばかり

そのママ友は社交的で明るい雰囲気の女性。
話も面白く、仲良くしていたそうです。
しかし、そのママ友は幼稚園の役員をするようになってから変わってしまいました。

遊びに来るたび、他の役員の愚痴を延々と語るようになり、ママの話を聞こうともしなくなってしまったのです。

当然聞かされてるママはうんざり。
「前はあんなに明るくてステキな人だったのに…」
ママ友の事は大切だけどこのままじゃ自分がおかしくなると思い、お茶の約束を断るようになりました。

しばらくして、そのママ友が通う幼稚園の知人から衝撃的な事を聞かされました。

「あの人ね、精神的におかしくなっちゃって役員もやめちゃったし家に引きこもってるみたいよ」と。

いつからか、と尋ねると丁度ママと会わなくなった時期でした。
ママは後悔して慌ててママ友の家に尋ねに行きました。

すると旦那様が出てきて「妻は人と会うのが今は難しい」と告げられ、ママが「私が話をら聞いてあげられていたら…ごめんなさい」と謝ると
旦那様は
「あなたのせいではありませんよ、妻は幼稚園の奥さん達に馴染めないでいたんです。その話をちゃんと聞かなかった私にも責任があります、だからあなたのせいではないです。むしろ感謝しています。妻と話をしてくれてありがとう。」
とママに言いました。

それから連絡を取らない日が2年以上続き、ママも気になってはいたものの日々の育児に追われて自分から連絡はしませんでした。

そして小学校の入学式。
ママはピカピカのランドセルを背負った我が子と幸せいっぱいの気持ちで小学校へ。

そこに、ママ友がいました。

久々に見た彼女は昔のようなステキな雰囲気の彼女でした。
思い切って声をかけてみると
「わぁー!久しぶり!あの時はごめんね!」とママ友の方から謝ってきました。
ママは嬉しさで涙を流しながら「元気になってよかった」と言い、抱き合いました。

それからママ友と再び交流を持つようになったそうです。

このママ友は愚痴を言いまくっていた時点で精神的に追い詰められていたのかもしれませんね。
聞いてもらう事で平常心を保っていたというか。何はともあれ関係が修復できて良かった!

ママ友の愚痴その二

ママ友 愚痴

愚痴がエスカレートしてストーカー

社宅に住むHさん、子供は小学校高学年。
Hさんはパート勤務をしています。

ある日一組の家族が社宅に引っ越して来ました。

「101に引っ越して来たKです、よろしくお願いします。」
家族3人で挨拶に来て、息子さんはHさんの子供と同い年でした。

「私の子供も同い年だし、わからない事とかあったら聞いてね」
と、社交辞令のつもりでKさんに言いました。

しかしこれが悪夢の始まりでした。

それからというもの、毎日毎日Kさんから電話がかかってきたり、突然家に来たりするようになったのです。

最初は、「小学校の運動着を買うべきか」とか
「スーパーどこに行ってるの?」とかでしたがだんだんと
「こっちの食べ物が合わない」だの
「旦那が毎日遅いだの」と愚痴を話すようになりました。

Hさんはパートをしていますから、そんな毎日は付き合えません。

鳴りっぱなしの固定電話、突然鳴るインターホン。

もう我慢の限界で、全て自分の旦那様に相談しました。
旦那様は「わかった、Kくんに職場で言って気をつけてもらうよ」と言ってくれ、実際にその後しばらくは電話もありませんでした。

しかし半月ほどすると郵便受けに手紙が入るようになりました。

手紙の内容

旦那に電話も行くのも禁止されたので手紙を書くことにしました。
○月○日、○時○分に出かけましたね?お仕事ですか?
○月○日、○時○分に車で誰かと携帯で話していましたね?誰ですか?友達ですか?ご主人ですか?

Hさんはゾッとしました。
私の行動はあの人に監視されていたんだ。
こわい、怖すぎる。
何されるか分からない。

もちろんこのことも旦那様に相談しました。
手紙はそれきりで、1ヶ月ほど何もありませんでした。

しかし、その日は最大の恐怖が待っていました。

その日Hさんの旦那様は呑み会で、夜の11時過ぎに飲んでるお店まで迎えに来て欲しいとHさんは頼まれました。

家を出ようと玄関に行くと、玄関の外に人の気配を感じました。
恐る恐る覗き穴を除くと、そこにはKさんが立っていました。
何をするわけでもなく突っ立っているKさん。

Hさんは恐怖で声も出ません。

部屋に戻り旦那様に事情を説明し、タクシーで帰って来てもらうと玄関先で旦那様とKさんの声が。

「こんな時間に何の用だ?」

「あの、、、」

「何してるんだ!」

「えっと、そのHさんに会いたくて」

「はぁ?何時だと思ってんだ!あんたには常識が無いのか!今旦那連れてくっから!警察呼ぶからな!」

その後Kさんの旦那様が来て、何度も謝り警察は呼ばなかったそうです。
そして社宅にきて一年でその家族は引っ越して行きました。

怖い!怖すぎる!Kさん怖すぎますね!
いやー、でも事件とかにならずに終わって良かったですね〜。
この方も精神病んでたんですかね?汗
いやー、怖いっす。

愚痴は言うのも聞くのも程々に!

ママ友 愚痴

愚痴は吐いてもいいと思います。
生きてれば愚痴は絶対出てくるものです。
しかし言いたい放題言うのは良く無いですね、相手のことも考えてあげましょう。
そして聞き上手になり過ぎるのも良く無いです。
相手は言ってスッキリしたいだけなので
適当に「ふーん」とあしらっておきましょうね。



次ページ 究極の子育て 子供が不幸にならない親子関係



何時もブログを見てくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてくれると嬉しいです^^

子育て ママ友
にほんブログ村





-ママ友
-ママ友, 愚痴, ストーカー

Copyright© たかこのママ友の人間関係や子育てお悩み相談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.