子育て

子供が寝坊する、いつも朝起きれない原因と解決法

更新日:



子供 起きない

子供が朝起きれない。
幼稚園や学校に行く時間になっても
ぜんぜん起きる気配がないのは困りますよね。

子供が寝坊したため
朝ごはんも適当に済ませて
幼稚園や学校に送り出すのは
子供の成長にも良くないですよね。

そこで子供が朝起きられない原因と
朝に目覚めが良くなる解決法を書いてゆきますね。

子供が朝起きれない原因は?

子供が朝起きられない原因って
睡眠をコントロールできていないことと
寝る前にどう過ごしていたかがポイントとなってきます。

睡眠をコントロール出来ていない

子供が朝起きれない原因として

  • 昼寝をしている時間が長い
  • 夜更かしで睡眠時間が足りない

ということが要因が大きいです。

昼寝が長いというのは幼稚園に上がる前の
未就学児があてはまりますが
昼寝の時間が長くなると夜に寝られなくなって
結果、朝起きれないことになります。

また、幼稚園や小学生以上の子供は
最近は家族全体が夜型生活になって
子供でも夜10時や夜11時に寝る子も多いです。

「寝る子はよく育つ」

ということわざのとおり
小さい頃から中学生、高校生までは
夜の睡眠時間をしっかり取ることで
成長ホルモンの分泌が活発になり
身体の発育も良くなります。

余談ですが
私の子供は小学生の頃は
低学年の時は夜8時には寝て
高学年の時に夜9時に寝るように
躾をして徹底させました。

そのおかげか長男も次男も
身長は175cm以上もある
立派な男性に育ってくれました(笑)

寝る前にどう過ごしていたか

子供が朝起きられない原因として
寝る前の過ごし方も大きな要因です。

寝る前にテレビやゲームやスマホをしていると
画面の光にによって興奮状態になることで
寝つきが悪くなります。

また、子供が寝る時の環境で
子供の寝室がうるさいとか部屋が明るい
適温ではないと寝つきが悪くなることも
一つの原因となります。

子供を朝スッキリ起きるための解決案

子供が朝起きてもらうのに重要なことは

  • 眠りをコントロールすること
  • 寝る前の過ごし方を変える
  • 朝の起こし方を変える

この3点につきます。

眠りの調整と環境を変える

こちらは前述した原因をつぶす方法です。

  • 未就学児の場合は昼寝の時間を短くする
  • 毎日の寝る時間を決めて布団に入ってもらう
  • 寝る前のテレビやゲーム、スマホを禁止
  • 代わりに本やマンガを読ませる
  • 寝る時の部屋を静かに暗くする

子供が朝に起きられるように
眠りの調整と環境を整備してください。

朝、子供を起こす方法を変える

子供が朝起こすときに
目覚まし時計のアラームや
声かけや身体を揺すって
起こしている人が大半だと思います。

人間は身体に朝日のような
強い光を浴びると交感神経が働き
体が活性化して起きることができます。

そこで
今までの目覚ましの常識を覆す
強い光で起こす目覚まし時計は
いかがでしょうか。
こちらの目覚まし時計は
めざましテレビでも紹介されています。

この光目覚まし時計は
設定時刻前から少しずつ光が強くなり
ストレスなく起きることができます。

エナジーライトintiは高価ですが
90日返金保障もあることなので
まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。



エナジーライトインディで
スムーズに起きることができれば
忙しい朝でも子供に手がかからす
楽を出来ると思いますよ。

子供のとって眠りは
身体の成長に重要な要素で
睡眠時間や眠りの質は
低下させるべきではないと思います。

ましてや
子供が学校ギリギリまで起きず
朝食を食べないのを習慣にするのは
論外なことだと思います。



次ページ 究極の子育て 子供が不幸にならない親子関係



何時もブログを見てくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてくれると嬉しいです^^

子育て ママ友
にほんブログ村





-子育て
-子育て, 寝坊, 朝起きない

Copyright© たかこのママ友の人間関係や子育てお悩み相談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.